このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険を安くする方法

自動車保険を少しでも安く抑えたいと誰もが思うはずです。
ここではその方法をいくつか紹介していきます。
安全装置割引では、自動車にエアバックやABS、衝突安全ボディというような安全装置が付いていれば保険料が安くなる割引です。
安全装置がついていれば、乗車している人が怪我する可能性が低くなり、車の損傷が小さくてすむ可能性が高まります。
なので、保険会社は保険料を安くすることができます。
ゴールド免許割引では、ゴールド免許の人が保険料の割引をしてもらえるというものです。
ゴールド免許の人は違反を起こす確率が低いとされ、その分事故を起こす確率も低いとされます。
そのため、保険料が安くなります。
これは、保険会社によっては割引をしていない会社もあるので事前に確認をしておきましょう。
複数所有割引は、1代目の契約車両が11等級以上ならば、2代目以降の新規契約車両を割り引くものです。
契約者と所有者が1台目も2代目も同一人物の個人に限られますが、保険会社によっては同居の親族でも割引を受けられることもあります。
これも保険会社に確認をしてみましょう。
保険会社によっては走行距離が少ないほど保険料が安くなることもあります。
リスク細分型の自動車保険だと年間の走行距離によって保険料を割り引きます。
走行距離が少なければ交通事故に合う確率も低いので割引が適用されるのです。
運転者の契約年齢を制限すれば、保険料を割り引くことができます。
これは、若い人ほど交通事故を起こすリスクが高いからです。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.