このエントリーをはてなブックマークに追加

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、交通事故で他人の財産に損害を与えてしまった時に補償される自動車保険のことです。
具体的には、相手の車の修理代やガードレールや標識、家の塀や店舗などです。
また、物だけでなく物が損害を受けたことによる間接的な損害も補償の対象です。
例えば、店舗に車で突っ込んでしまい修理が終わるまで営業できない場合の営業損失や、タクシーなどの営業車と事故を起こして修理が終わるまでの休業損失などです。
自賠責保険は物に対しての補償は全くないので、対物賠償保険に加入していないと修理代などは全額自腹で支払うことになります。
対物賠償保険は500万円や1000万円、無制限などいくつかの補償限度額から選ぶことができますが、基本的には無制限に加入することをお勧めします。
対物賠償保険でも支払われる賠償金額は、自身の過失割合分だけです。
補償額の計算式は「被害者の損害額×加害者の過失割合」となります。
例えば、被害者の損害額が600万円、過失割合が70%の場合「600万円×70%」となり420万円が補償されます。
店舗に誤って突っ込んだり電車と事故を起こしたりした場合は何千万円という非常に高い金額が請求されることもあるので、対物賠償保険は無制限で契約をしたほうがいいのです。
対物賠償保険で補償される範囲は被保険者以外の人の財産です。
ここでいう被保険者とは契約者、契約者の配偶者・両親・子供、運転中の人とその配偶者・両親・子供、雇い主です。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.