このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗者損害保険について

搭乗者損害保険は、保険に加入している車に乗っている搭乗者が、交通事故で怪我を負ったり、死亡してしまったりした場合に過失かどうかは関係なく補償される自動車保険です。
この搭乗者とは運転しているドライバーだけでなく、助手席や後部座席に乗っている全員が含まれます。
また、保険を請求しても等級は下がりません。
搭乗者傷害保険は、加害者からの損害賠償金や自賠責保険、その他の各種損害保険などとは関係なく支払われ、請求後も他の保険と比べて簡単に保険金が支払われます。
相手側の保険で自身の治療費が賄える時だと、自身の保険を請求しない人もいますが、搭乗者傷害保険は乗車中に怪我を負った場合は請求してみるほうがいいでしょう。
簡単に保険が支払われる搭乗者保険ですが、全てのケースで保険金が支払われるわけではありません。
支払われる条件は正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者となっており、違法な乗り方をしている場合は支払われません。
例えば、トラックの荷台に乗って怪我をしたり、車から身を乗り出していて怪我をしたり、飲酒運転をしていたりといったような違法乗車では、保険金は支払われません。
保険金の支払い方法は2種類あります。
1つ目は日数払いで、「保険金額×入院・通院にかかった日数分」の金額が支払われます。
入院の場合は1日につき保険金額の0.15%が、通院のときは0.1%が支払われます。
ここでの日数は通院や入院にかかった全ての日数ではなく、平常の生活もしくは業務に従事できる程度に回復するまでの期間分が支払われます。
どの程度の回復かははっきりしておらず曖昧となっています。
そのため予想より保険金が低い可能性もあります。
2つ目は部位症状別払いで、怪我をした部位ごとに決められた金額が支払われます。
この方法だと回復までの日数などは関係なく、部位ごとに決められた金額が支払われるのみです。
毎月支払う保険料は、部位症状別払いの方が安いですが、大きい怪我負った場合は日数払いの方が多く保険金を受け取ることができることもあります。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.