このエントリーをはてなブックマークに追加

人身傷害補償保険に関して

人身傷害補償保険とは、契約している車に乗っている人が、自動車事故で怪我や後遺症を負ったり、死亡したりした時に、契約の保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる自動車保険のことです。
自身の過失分も含めて、入院や通院の治療日数に関わらず、契約した保険金額の範囲内なら治療費用や休業補償、慰謝料などを全額補償してもらえます。
自身の不注意で電柱にぶつかったなどの単独事故の損害でも補償されます。
また、契約車両に乗っている時だけでなく、その他の車に乗っている時や歩行中の自動車事故によって死傷した時でも補償の対象とすることもできます。
事故をした相手との示談の成立前でも保険金を受け取ることが可能です。
加入すべき保険とは断言しませんが、予算に余裕のある人ならば、加入を考えてもいいでしょう。
では、搭乗者障害保険とは何が違うのでしょう。
搭乗者傷害保険で補償される範囲は契約している車に乗っている人全員で、保険金の支払いは契約の保険金額を上限に、一定額の保険金が支払われる定額払いです。
人身傷害補償保険の補償される範囲は契約している車に乗っている人全員だけでなく被保険者とその家族ならば契約車両以外の車に乗っていた事故や歩行中の自動車事故でも補償されるように契約することが可能です。
保険金の支払いは、契約した保険金額を上限に実際の損害額が支払われる実損払いです。
このように、補償の範囲と保険金の支払い方法が違います。
ただし、人身傷害補償保険は契約車両以外の車での事故や歩行中の自動車事故を補償の範囲内にすると月々支払う保険料が高くなってしまいます。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.