このエントリーをはてなブックマークに追加

自損事故傷害保険の内容

自損事故傷害保険は、自分の過失が100%または相手がいない単独事故を起こし、怪我などを負ったり、死亡したりした際に補償される自動車保険のことをいいます。
例えば、停車中の車に衝突した、不注意で電柱にぶつかった、センターラインをオーバーして対向車と衝突したなどのケースが挙げられます。
こういった事故では同乗者が事故を起した車の持ち主でない場合、同乗者には自賠責保険が支払われますが、ドライバーには自賠責保険は全く支払われません。
その際に、最低限度額の補償をしてもらえるのが自損事故傷害保険です。
この保険は、対人賠償保険を契約すれば殆どの場合、自動的にセットされます。
そのため、この保険だけを新たに加入する必要はあまりありません。
ただし、この保険を使うと等級が3ランク下がるため、損害額があまり多くない場合は使わない方がいいかもしれません。
また、飲酒運転や無免許での事故などの場合には自損事故傷害保険は適用されません。
この保険はドライバーを守るための最低限度の保険だと言えます。
補償内容は、死亡時が1500万円、後遺障害は50万円〜1500万円ただし介護が必要ない場合は350万円が上限、怪我で入院した場合は1日6000円で通院では1日4000円ただし共に上限は100万円となっています。
この保険金は搭乗者損害保険とは別に支払われます。
この保険のことを知らない人も多いようですが、対人賠償保険に自動的にセットされていることが多いので、自損事故で怪我をした場合でも保険会社に連絡を入れて請求してみるといいでしょう。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.