このエントリーをはてなブックマークに追加

無保険車障害保険のこと

無保険車障害保険とは、交通事故を起こして後遺障害を負ったり死亡したりしてしまった時に、相手が無保険車で賠償金の支払い能力がない際、自分が契約している対人賠償保険と同じ額の範囲内で、相手が本当は負担するべき損害賠償の不足分を補償してもらえる自動車保険のことをいいます。
対人賠償保険の制限が無制限の場合は2億円が限度となります。
公道を走る自動車の約15%は、任意の対人賠償保険に加入していないとされています。
こうした任意保険に加入していない人と交通事故を起こした時に相手の自賠責保険の範囲内でしか補償されない可能性が高いでしょう。
自賠責保険の範囲内では補償金が足りないことの方が多いです。
これは、十分な補償をうけられないだけでなく、病院にもちゃんと通えなくなることもありえます。
このような場合、無保険車障害保険に加入しておくと安心でしょう。
しかし、この保険が適用されるのは後遺障害や死亡した場合のみです。
完治する怪我の場合には適用されません。
また、入院で仕事ができない休業補償や車の修理代などのモノへの損害も補償はされません。
ここでいう無保険車とは次のようなこといいます。
任意の対人賠償保険に加入していない、対人賠償保険には加入しているが運転者年齢条件などの規定に当てはまっていないため保険が支払われない、対人賠償保険に加入しているがその保険額が被害者に支払う賠償額に満たしていない、ひき逃げなど事故の加害者が特定できないです。
この4つの条件のいずれか1つに当てはまれば無保険車です。
この無保険車と事故を起こした時に相手からの賠償金の不足分を受け取れるのが無保険車障害保険です。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.