このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な特約

特約とは特別約款の略称です。
主契約している自動車保険に追加して保障内容を充実させていきます。
しかし、特約を付けて補償を充実させると、その分保険料も高くなります。
特約には様々な種類があるのでいくつか紹介します。
代車費用担保特約は、交通事故で車が使えなくなりレンタカーを借りた際に、その費用が支払われる特約です。
車両保険に加入していることが条件となります。
他者運転危険担保特約は、他の人の車を運転していて事故を起こした時に、自分が加入している保険から優先して保険金が支払われます。
普通、他人の車を運転している際に事故を起こしても、その車が家族限定特約を付けていると保険金は支払われません。
しかし、この特約を付けていると限度額内で対人・対物賠償などを補償してくれます。
臨時運転特約は、家族以外の人が自分の車を臨時で運転している時に事故を起こしても年齢に関係なく保険金が支払われる特約です。
家族以外の人が運転することがあるのならばこの臨時運転特約に加入することをオススメします。
子供特約は、運転者年齢条件とは別に、自分の子供だけ新しく年齢制限を設定できます。
家族限定特約は、車を運転する人を家族のみにすることで保険料を安く抑えられる特約です。
ただし、家族以外の人が運転している時に事故を起こすと保険金は一切支払われません。
また、臨時運転者特約をつけることもできません。
等級プロテクト特約は、事故で保険を使っても1回までなら等級が下がらない特約です。
普通は、保険金を請求すれば、3等級下がりますが、この特約なら1回までなら下がらず翌年も同じ保険料ですみます。

Copyright (C)2019何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.